【FX】メンタルトレーニングは必要ない

こんばんわ。今回はFXトレードをする上でのメンタルについて話していきます。結論から言いますと、個人的にFXにメンタルトレーニングは必要ないと思います。というかトレードする上でメンタル自体もいらないと思います。その点について解説していますので、ご覧ください。

 

↓ポチッとお願いします


 

 

www.youtube.com

 

はい、今回はFXにおいてメンタルトレーニングはいるのか?という話をしていきます。よくブログや動画で目にするのは「メンタルを鍛えよう」とか「FXで勝つためにはメンタルトレーニングが必要」といった内容を目にすることがあります。この点について私は、『勝ち続けるためには、メンタルはいらない』と思います。むしろ、徐々に排除すべき存在だと思っています。

では、FXで勝ち続けるためには何をするべきなのか。それはメンタルトレーニングではなく「検証作業」だと思っています。この「メンタル」と「検証作業」は全く別物ではなく、それぞれ関係しあっているものだと思います。検証作業はメンタルを排除していくものなので、勝ち続けるためにはひたすら検証作業をするべきです。検証作業はメンタルが入る余地をなくす作業だと思います。検証で出来た手法にメンタルが入る余地がないくらい厳格なルールさえあれば、あとはトレードはただの作業になります。検証作業で出来たルール通りにトレードするだけです。エントリー条件が揃ったらエントリーして、ルール通りに損切りをして、ルール通りに利確をするだけです。継続して勝ち続けるためには自分のトレードをこのような状態に持っていくのが大切になってくると思います。

 

ということで、FXにはメンタルトレーニングは必要ないという話でした。勝ち続けるためにはいつも言っているように、ひたすら検証をして、自分のルール通りにトレードする。これに尽きると思います。

ただこれは私の考えなので、参考にするかどうかはお任せします。FXで安定して勝ち続けるためにはこの方法がいいと言っているだけで、FXでギャンブルを楽しみたい方はメンタル出しまくりのトレードの方が、楽しめていいと思います。ただの作業というのはとてもつまらないですからねw

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

【FX】損切り貧乏を治すには○○が必要だった

こんばんわ。今回は損切り貧乏はどうやったら改善されるのかを解説していきます。

まず、初心者のうちはうまく損切りもできずに負けてしまっていたと思います。そして損切りの大切さを学び、しっかりと損切りを入れることができるようになると思います。ここで陥る悩みが、損切りはできるけど、損切りばかりで資金を徐々に減らしてしまう、いわゆる損切り貧乏です。

 

↓ポチッとお願いします

 

www.youtube.com

 

 

しっかり勉強して損切りができるようになって「これで勝てる」と思ってトレードをするのに、実際に損切りができるようになってからも「やっぱり勝てない」という人も多いと思います。その場合に見直すべきポイントを2つ上げてみました。一つは『エントリー自体の見直し』もう一つは『リスクリワードの見直し』です。それではこの2つについて解説していきます。

 

それではまず、『エントリー自体の見直し』についてですが、エントリーしてポジションを持つということはそのエントリーに根拠があるはずです。今現在勝てていない多くの初心者が抱える問題は、ちゃんと説明のできるエントリーをしていないということです。

勝てていないトレーダーにエントリーの根拠を聞いても、「なんとなく・・・」とか「誰かがエントリーしていたから」とか「そろそろ上がるかなーと思ったから」というようなはっきりとした根拠を答えることができない人が多いと思います。

逆に勝っている人に聞くと「レンジをブレイクしたから」とか「何度も止められているラインでサポートされて短期のトレンドが転換したから」とかエントリーに対してしっかりとした理由付けができると思います。ちゃんと説明できるからこそ、損切りにも理由があるし、トレードにも一貫性ができるのです。

初心者の方は、しっかりとこのトレードの根拠・損切りの根拠が説明できるエントリーをする事が大切になってきます。

 

次に『リスクリワードの見直し』ですが、リスクリワードとは簡単に言うと利確と損切りの比率です。例えば損切りが20pipsで利確が10pipsの設定ですとリスクの方が大きいことになります。これが、損切りが10pipsで利確が20pipsですと得られるリターンの方が大きいので、狙ってもいいトレードになります。これですとリスクリワード2:1なので、勝率50%でも十分勝つことができます。

自分の手法の勝率はどのくらいなのか、平均利益がどのくらいで平均損失がどのくらいなのかをしっかり把握したうえで、リスクリワードを調整してトレードを行うのがいいと思います。そもそも初心者の方はこのリスクリワード自体を知らずにトレードしているかもしれないので、もし自分のトレードに取り入れていなかったらこれを機に実行してもらえたらと思います。

 

はい、損切りはできるのに勝てていない人が見直すべき点を説明しました。他にも理由はあるかもしれませんが、取り合えずこの2つを見直してみると少しは改善されると思うので、ぜひ実行してルールを守ったトレードをしてみてください。

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

 

【FX】実際にやっている私の利確方法を教えます

こんばんわ。今回は、私がどのように利確しているのかを説明していきます。トレードにおいて利確が一番難しいと思います。損切りはある程度ルール化してリスクを限定できるのですが、利確においては早すぎるともっとポジションを伸ばせる可能性があったかもしれませんし、遅すぎるとせっかく伸びたポジションが減ってしまう可能性もあります。まあどっちにしろ毎回最高のタイミングで利確できるわけではないので、自分自身が後悔しないようにある程度のルールを決めておくのがいいですね。今回は私の場合どのようにして利確しているのかを解説していきたいと思います。

 

↓ポチッとお願いします


 

 

 

www.youtube.com

 

それでは説明していきます。結論から先に言いますと、私の場合は分割決済をする事が多いです。具体的には、エントリーをする前に一つ目の利確ポイントを先に決めておきます。エントリー後、損切りにかからずうまくそのポイントまで利益が伸びたら、ポジションの半分~三分の二を利確します。ほとんどの場合はその時点で決済を建値まで移動して、損が無いような状態を作り上げます。あまりいい場所でエントリーできていない場合は、損切りポイントはそのままにすることもあります。そして残りのポジションにはさらに大きい足での目標に利確設定をして、建値か長期足での利確ポイントに達成するまで基本的には後は放置します。例外として相場が急変動しそうな時に週をまたいでしまう場合はポジションを解消することもあります。これが私の利確方法です。

 

はい、ということで実際に私がやっている利確方法を解説してみました。トレードに正解はありませんし、利確にも正解はありません。自分に合った利確方法を見つけて、ひたすらそのルールに従ったトレードを継続するのがいいと思います。

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

FXで勝つためには検証が超重要

今回は、FXトレードにおける検証作業について、私なりの考えを伝えていきたいと思います。「検証をする意味」「検証のやり方」「検証をする上での注意点」を解説していきます。FXの検証方法を理解すれば今まであまり検証をしてこなかった方や、どうやって検証したらいいかわからない方も正確な検証ができるようになります。

 

↓ポチッとお願いします



 

www.youtube.com

 

まず、FXで検証をする意味ですが、検証作業はFXでトレードするにあたり最も重要だと考えています。なぜならしっかりと検証ができているかによって、継続的に利益を上げることができるかが決まるからです。優位性の高いトレードルールを作る為にも検証作業は必要なので、FX初心者の方は必ず取り組むべき事だといえます。それでは実際のチャート画面を見て検証の仕方を説明していきます。

 

検証のやり方ですが、まずはシンプルなルールを決める事がおススメです。実際のトレードで使えるようなルールの方が実戦で使いやすく、検証もしやすいからです。

 

例えばこのように『包み足』が出たらエントリーするルールがあるとします。そのローソク足ロスカットを入れるとして、リスクリワードはとりあえず1:2で設定します。このパターンを過去チャートからひたすら探してデータと取っていくのが検証作業です。

勝率や獲得Pipsなどの結果が出たら、そのデータを元にさらにフィルターをかけていきます。例えば、5分足を使うのであればエントリー時に日足が陰線の状態に限定するとか、リスクリワードを1:1や1:3に変えてみるとか、時間帯を絞ってみるとか、インジケーターを加えてみるとか。基本的なルールにさらに条件を加えて検証していきます。そうやって自分に合ったトレード手法を探していくのが基本的な検証の方法になります。

 

はい。ということで具体的な検証の流れを説明しました。検証の際の注意点としては「なるべくわかりやすいルールを決める事」「必ずルールに基づいた検証をする事」「完璧を求めない事」が大切となってきます。

 

わかりやすいルールでないと同じ条件での検証ができませんし、利益をさらに伸ばせるような場所でもルール通りに利確しないと正確な検証データが集められません。そして長期的に安定して勝つのが目的なので、一つ一つの結果にばらつきがあっても最終的には収束していくので、毎回のトレードに完璧を求めすぎないことが重要です。

 

最後になりましたが、今現在安定して勝てていない方はしっかりと検証をして、自分の武器を見つけることが一番重要です。検証作業はめんどくさいですが、必ずやらなければならない事だと思ってやってみてください。もし面倒でしたら、多少お金を出してでも検証ソフトを購入するべきだと思います。いくつか種類があるので、ぜひ調べてみてください。

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

【FX】分割エントリーについて

こんばんは。今回は、たまに私がやる分割エントリーについて解説していきます。

言い方の違いだけで、やっていることはナンピンですが事前に想定したナンピンなのでリスクが限定されているのが特徴です。それでは実際に使うポイントを解説していきます。

 

↓ポチッとお願いします


 

 

www.youtube.com

 

それではどのようなポイントで分割エントリーをするのか解説していきます。

基本的には押し目買いや戻り売りを狙った場面で使うので、直近の高値や安値を更新しに行く場面でエントリーしていきます。

実際に使うポイントですが、買いの場合ですと、まず最初のエントリーはネックライン付近で行います。そのままポジションの方向にいった場合はそのままですが、エントリー後逆行して最後の押し安値を試す動きになった場合は、そのはい

安値付近でナンピンします。

損切りはその価格を抜けたところに設定します。

 

このトレードのポイントですが、基本的に短期足に対して逆張り気味になるので、ナンピンありきでいつもより少なめの枚数で最初のエントリーをしています。2回目のエントリーをした状態で普段の枚数になるように調整するのがいいと思います。

 

 

はい、ということで私が普段行っている分割エントリーについて解説しました。

個人的には計画的なナンピンは推奨派なので、そうでない方にはいい内容ではなかったですかねw

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

 

【FX】私が好きなエントリーポイント2選

今回は、私が好きなエントリーポイントを解説します。それは2つあるのですが、実際にトレードする際は基本的にそのどちらかでしかエントリーしないようにしています。

 

↓ポチッとお願いします 



 

www.youtube.com

 

それでは私が実際にエントリーするポイントで好きなところを紹介していきます。短期的な目線でいうと、逆張りと順張りで一つずつあります。

例えば買いエントリーの場合でいうと、最後の押し安値からネックライン付近に価格がきた時に逆張りでトレードします。中期的には押し目買いなのですが、短期的には下落の流れなので逆張りとなります。

この場合は、ずっとポジションを持つときもありますが基本的にはスキャルピング気味にある程度で利確しちゃいます。

 

もう一つはいつも動画で解説しているような、切り下げライン抜けでのエントリーです。このトレードは、中期的にも上昇、短期的にも下降トレンドを崩して上昇に転じている状況となります。ここでさらに長期的にも上昇トレンド中だったら伸ばすトレードが可能になってくるので、ポジションを保有し続けることが多いです。

 

基本的にこの2点でしかトレードしないとなると、ポジポジ病になることもないので、個人的には自分に合ってると思います。

 

またトレードする為に水平線や斜めの線を引くのですが、ラインを引く場所もほとんど決まっているので、チャート画面がすっきりしてていいと思います。

 

 

はい、ということで私の好きなエントリーポイントは順張りと逆張りで一つずつあるといい事でした。もし自分のトレードルールがない方は、今回紹介した私のトレードのようにシンプルなものを一つ決めてみるのがいいと思います。

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

coconala.com

note.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。

【FX】ハイレバトレーダーの資金管理について

今回は、ハイレバトレーダーである私がどのような資金管理・ロット管理でトレードしているのかを紹介していきたいと思います。ただしこれは自分がやっているというだけで、推奨しているわけではないのでご理解お願いします。

 

↓ポチッとお願いします



 

www.youtube.com

 

 

今回は、私が実際にハイレバでトレードする際に行っている資金管理について話していきます。というのも、メッセージでレバレッジ管理に関するご質問が結構寄せられるので、私がどのような考え方でトレードをしているのかを答えていきます。

 

一般的には、一回の損切りが資金の2%や3%だったり、レバレッジもあまり上げないでトレードすることを推奨されていると思います。ですので、「どのくらいのレバレッジがいいですか」という質問には今言ったような資金管理をお勧めしています。

 

ただ、あくまで私の考えですが、FXの魅力はレバレッジを効かせることができるところだと思うので、投入資金の少ない場合はある程度リスクを許容して、レバレッジを上げてトレードする方がいいと考えています。

 

そこで私がトレードの際にどのくらいでトレードしているかというと、一回の損切りは資金の20%くらいを限度にしています。もちろんそれ以下で収まるときもあるので、限度という表現にしておきます。レバレッジは大体100倍くらいです。

 

例えばですが、イメージとして毎月資金を10万円口座に入れておき、ハイレバでトレードして一カ月で増えた分は出金して、翌月は再度10万円からトレードをするというスタイルでFXをしています。

 

それだと大きく稼げないと思うかもしれませんが、実際のところ最初は趣味で始めて、毎月の給料分くらいを目標にしていましたし、そこまで専業トレーダーに憧れもないので個人的にはこのスタイルがしっくりきています。

 

FXに使うことができる資金が何千万円とか何億円とかある人はもっと低いリスクで同じような金額を稼ぐことができると思いますが、一般の会社員が使える資金量なんてそこまであるわけでもないと思うので、低資金からある程度レバレッジをかけてトレードしていくということの方が現実的なのではないかと思います。

 

もちろんそこは人それぞれで、10万円とか100万円を1憶円にしたい!という思いはいいと思いますし、そうなるとある程度リスクを下げ、長期的に見て5~10年くらいを目標に複利でコツコツやっていくのがいいのではないかと思います。

 

はい、ということで私がトレードする際にしている資金管理は、損切りは資金の20%を限度とし、レバレッジは100倍くらいということでした。まあ資金管理に関しては人それぞれだと思いますしこれはあくまで私の場合ですので、参考程度にしていただけたら幸いですw

 

ハイレバなので損切りを限定するためにエントリーポイントはかなり厳選してトレードすることになります。ですのでポジポジ病の方は、レバレッジを上げてみるとエントリーポイントを厳選してチャートを見るようになり、少しは改善されるかもしれませんね。わかりませんがw

 

■FXで勝てていない人におススメの手法

note.com

coconala.com

 

私が実際に使っている口座↓

 

【※注意事項※】

投資は自己責任です。当ブログ・YouTubeでの内容は個人的な見解による相場分析です。将来の利益を約束するものではないのでご理解お願いします。